The Study of HOT plasma Generation Using Novel technique

X線の雲状構造

ガスパフZピンチプラズマのX線ピンホール写真には雲状構造が見られます。 多重露光することにより、はっきりと観測することができます。 この雲状構造が何かということは長年の疑問でした。


空間分解能を持つX線分光器で調べてみると、これは電極物質のKα線であることがわかります。


しかも、X線はプラズマがピンチした瞬間にのみ、パルス的に放射されます。


つまり、X線の雲状構造はピンチの瞬間に発生した電子ビームによって照らし出された中性粒子の空間分布を表しています。 我々はこの粒子を原子ではなく、微粒子であると考えています。

微粒子の発生

装置の周囲に等間隔にガラス板を置き、放電による飛散物を採取しました。



積算されているので均質になることを期待していましたが、方位角方向にモードをもって飛散しているようです。 飛散物はプラズマの運動の影響を受けていると考えられます。

電子顕微鏡(SEM:Scanning Electron Microscope)で観測すると、1〜100 μmの大きさをもつ微粒子であることがわかります。 X線分析器(EDX:Energy Dispersive X-ray spectroscopy)による分析で、これが電極物質であることもわかります。 まるで溶けた金属がそのまま張り付いたようです。


微粒子のリアルタイムの観測

X線の雲状構造はピンチ時における微粒子(あるいは蒸気)の分布を表していると考えられます。 任意の時刻における微粒子のふるまいを調べるため、X線のシャドウグラフによる観測に取りかかりました。


  

PLASMA SCIENCE LABORATORY